SK-II STUDIO新作 アニメーション作品「VSシリーズ」公開 世界のトップアスリートが社会の様々なプレッシャー”怪獣”に立ち向かう

グローバルスキンケアブランドSK-IIは、 世界中の人々が未曾有の時代に立ち向かう中、フィルムスタジオ SK-II STUDIOの新作として、アニメーション作品「VSシリーズ」を公開しました。アニメーションと実写を融合させ、世界のトップアスリートらが、それぞれ抱える様々なプレッシャーに立ち向かい、乗り越え、各々の“運命”を変えていく、まさに#CHANGEDESTINY していく姿を、物語を通して表現しています。

SK-II STUDIOの新作「VSシリーズ」は、史上最多メダル獲得者の体操選手 シモーン・バイルス、世界記録を持つ競泳選手のリウ・シアン、オリンピックメダリストの卓球選手の石川佳純、金メダリストの元バドミントンペア髙橋礼華松友美佐紀、公式種目に初めて採用されたサーフィン選手の前田マヒナ、そして日の丸を背負うバレーボール女子日本代表 火の鳥NIPPONの選手たち(※1)、6組のトップアスリートの実体験をもとにした全6篇のアニメーション作品です。それぞれが、行動や振る舞い、外見など、すべてにおいて完璧を求める社会の期待と自分の気持ちとの間で葛藤しながら、様々なプレッシャーに立ち向かい、自らの手で運命を切り拓いていくことの意味を見出していく姿が、彼らの実体験をもとに描かれています。

特に女性が経験することの多い、アンチ(SNS上での誹謗中傷)プレッシャー(周囲からの圧力から芽生える自分への疑い)ルックス(外見偏重による決めつけ)ルール(美しさのルール)リミット(人から決めつけられた限界)マシーン(完璧さを追求するがゆえに立ちはだかる困難)の6つをテーマに 取り上げ、運命を切り開くために倒さなければならない内なる敵として、これらを「怪獣」の姿で表しています。

アニメーションと実写を融合させた「VSシリーズ」は、 SF、ファンタジー、アクション、スポーツなど 幅広いジャンルの異なる世界観で描かれています。それぞれがイマジナリー・フォーシス(Imaginary Force)、パッション・ピクチャーズ(Passion Pictures)、プラティーグイメージ(Platige Image)、C3ら数々の受賞歴を誇る世界的アニメーションスタジオによって手掛けられ、圧倒的な映像美と、ジョン・レジェンドレクシー・リウなどのシンガーソングライターらのオリジナル楽曲が掛け合わさり、これまでにない卓越したアニメーション作品に仕上がっています。

「VSシリーズ」は2021年5月1日に全世界で一斉公開され、日本ではSK-II 公式You Tubeチャンネル、またTwitterにてバーチャルプレミア試写会、中国では中免集団とのパートナーシップにより、海南省三亜海棠湾国際ショッピングセンター内のポップアップストアにてプレミア試写会が行われました。また、 東京の街並みに着想を得たバーチャルシティ「SK-II City」(https://city.sk-ii.com/)がオープン。「SK-II City」の中では、「SK-II Cinema」で本作品を鑑賞したり、「SK-II STUDIO」の舞台裏を垣間見たり、「SK-II Mall」でSK-II製品を購入することもできます。さらに、東京・原宿のCase Wで今後開催予定の「SK-II X-Reality ポップアップストア」(※2)では、現実の世界で「VSシリーズ」を体感できます。本ストアは世界最大級、またSK-II初の複合現実空間で、お客様は「VSシリーズ」作品の世界に入り込み、シモーン・バイルス、石川佳純、リウ・シアンのアニメーション・アバターと一緒に、複合現実の中で「怪獣」たちを倒すことができます。また、SK-II最新の非接触型スキンケア・カウンセリング・ツールである 「マジックスキャン」による肌測定も、複合現実の体験の一部としてお楽しみいただけます。

SK-IIは今年3月、長年続けてきた#CHANGEDESTINY の取り組みを一層加速させるため、ブランド初のフィルムスタジオSK-II STUDIOを設立。第一作目として数々の受賞歴を誇る是枝裕和監督が競泳の池江璃花子選手の競技復帰までの道のりを描いたドキュメンタリー作品「センターレーン」を公開しました。SK-IIは、#CHANGEDESTINY のメッセージとエンターテイメントを掛け合わせた本「VSシリーズ」を通じ、再び 世界中にポジティブな変化を起こすことを目指しています。

また、SK-II STUDIO の立ち上げに伴い、#CHANGEDESTINY資金を準備し、本年の拠出額50万ドルを上限として、SK-II STUDIOの映像1再生につき1ドルを、運命を変えようと踏み出す女性への様々な支援活動に拠出します(※3)。

(※1)2019年撮影。出演選手は当時のバレーボール女子日本代表登録選手。JVA2020-02-001
(※2)東京都での緊急事態宣言発出を受けオープン日は未定です。決定次第お知らせします。
(※3)参加団体は後日発表します。

機関

Posted by DDY